CocoonからSWELLにブログテーマ移行したので、比較した結果のメリットデメリットを解説

SWELL

当ブログは12月よりcocoonからSWELLにブログテーマを変更しました。

本記事の作成は12月のため、今の筆者はcocoonとSWELLの違いが非常に敏感です。

無料テーマから有料テーマに変更するのは非常に勇気が入りました。皆さんにとっても悩みのタネは「価格」が一番だと思います。

自己投資とも言える有料テーマに変えてどんな変化があったのか。メリットとデメリットを包み隠さずご紹介したいと思います。

SWELLに決めた方へ

こちらの記事で、導入方法を写真付きで説明しています。かなりわかりやすいと思います。

あわせて読みたい
SWELL(スウェル)の導入手順・他テーマからの移行方法を丁寧に解説【写真あり】 最近かなり人気の出てきたWordpressテーマ「SWELL」。 当ブログも無料テーマからSWELLに移行したのですが、初心者こそ、有料テーマSWELLをおすすめしたいです。 実際に...
Contents

WPテーマ「SWELL」とは?

シンプル美と機能性の両立を重視したWordpressテーマ

・記事執筆・コンテンツ制作を強力にサポート

・マウスクリック操作でコード不要の豊富なカスタマイズ

・SEO、広告効果が意識されたサイト設計

SWELLの特徴について

WPテーマ「SWELL」のメリット

ブログの見た目が良くなった

シンプル美と機能性、というテーマを掲げているSWELL。ちょっと見てみたい方のためにデモサイトもあります。

cocoonでも作り込むのは可能ですが、css、HTMLなどの知識が必要で悩んだ方も多いのでは。また、ほとんどの方はブロガーさんのカスタマイズを参考にして作るので、他ブログとデザインが被りがちでした。そして、カスタマイズを工夫しないとどうしても初心者感が出やすく、スタイリッシュさを出すのが難しいです。(基本的にはシンプル&ポップ)

当ブログは社会人(大人)の男性女性問わずをペルソナに設定しているので、全体的にシンプルで美しく仕上がる点が気に入っています。

CSSやHTMLをいじらなくて良くなった

SWELL標準搭載の「ブロックエディター」が抜群に使いやすい。

設定項目がシンプルで分かりやすく、かつカスタマイズも豊富な点が非常に満足です。

例えば、ヘッダーのロゴ位置を自由に変えれたり、トップページを動画にできたり。cocoonは出来そうで出来ないことが多かった。(カスタマイズの知識不足かもしれないですが、初心者には難しかった。)

下記の動画は、SWELLのブロックエディターを使ったカスタマイズの様子です。文字の説明だけでなく、視覚的に分かりやすいところがお気に入りです。

SWELLカスタマイズ動画

痒いところに手が届くブログテーマです。

プレビューしなくても完成ページで編集できる

先ほどご紹介した動画でわかるのですが、プレビューで確認しなくても完成した状態を見ながら編集できます。

Cocoonで記事を書いていたときは、HTML、cssをたくさん使っていたので、プレビューしないと見た目が変わリませんでした。

SWELLはcss、HTMLの追加が不要なほどカスタマイズが揃っており、ブロックエディターを使って、マウスでクリックするだけでデザインが変えられるので、1記事の作業効率がかなり上がりました。

サイト速度が改善された

広告収益に直結するとされる、サイト速度を大幅に改善することができました。

実際に6テーマを比較されたブロガーさんが、計測結果を出されていたのでご紹介します。

モバイル:テーマ(PageSpeed Insightsで5回計測した平均値)

1位 SWELL(97)

2位 SANGO(79.8)

3位 Cocoon(73.8)

4位 AFFINGER5(69.2)

5位 THE THOR(62.4)

6位 JIN(60.6)

※数字が高いほどページ表示速度が速い

出典:しごとFANくらぶ

ページ速度が早いとGoogleからの評価が上がり、検索上位に表示されやすくなります。SEO効果も高いですね。

ちなみに、SWELL開発者さんはSEOプラグインも提供しています。

他テーマの乗り換えサポートが優秀だった

WordPressテーマを変更すると、やはり大掛かりな工事を想定します。私も非常にリスクを感じていました。

実際に、下記のような作業をしないと過去記事が崩れてしまいます。

  • 過去記事を1つずつリライト
  • CSS、HTMLなどを自分で新テーマに移行させる

ですが、このようなブロガーの作業負担の軽減させるため、SWELLは他テーマからの切り替え用プラグインの無償提供を開始しました。移行作業に時間を費やすのは勿体無いですよね。

実際に私はプラグインを使用しましたが、リライトの必要がないほど記事の崩れがありませんでした。

下記のテーマが対応しているので、もし現在お使いでしたら非常に便利ですよ。

  • cocoon
  • JIN
  • SANGO
  • STORK
  • THE THOR

具体的な導入方法、プラグインの使い方はこちら。

あわせて読みたい
SWELL(スウェル)の導入手順・他テーマからの移行方法を丁寧に解説【写真あり】 最近かなり人気の出てきたWordpressテーマ「SWELL」。 当ブログも無料テーマからSWELLに移行したのですが、初心者こそ、有料テーマSWELLをおすすめしたいです。 実際に...

番外編:ブログを頑張ろうという気持ちに変化

有料でテーマを購入したことによって、収益を最大化させるための努力を惜しまずチャレンジできるようになりました。

アフィリエイトの本質は、物の価値を訪問してくれた方に届けることだと思っています。また、お金ではなく、物の価値を自分で判断する第一歩になりました。(もちろん無料でも良いものは選ぶべきです)

何より自分のお気に入りのテーマで記事を書いていると、毎日のブログ運営が本当に楽しいです。

\ブログを書く楽しみを作るなら/

WPテーマ「SWELL」のデメリット

価格が高い

cocoonは無料なので、有料テーマに変更する投資が必要です。

また、SWELLは他のテーマよりも若干強気の価格設定となっています。(中の上くらいですかね)

テーマ価格
JIN(ジン)14,800
AFFINGER514,800
SWELL17,600
賢威24,800
WordPress有料テーマ一覧表

ただ、ブログテーマはサーバと違って買い切り型なので、一度購入してしまえば費用は発生しないです。

そう考えると今後も長く運営するのであれば、早めに投資して問題ないと思います。

ルナ

ブログテーマで機会損失するよりも、自分の納得のいくデザインで訪問者に見てもらいたいですね。

まとめ

SWELLに変えたブロガーの皆様の意見を聞くと

  • デザインが使いやすくて執筆速度が向上した
  • SEO対策に繋がった(SWELL開発者さんがSEOプラグインを提供しています)
  • 初心者ほど使って欲しいテーマ

など、非常にポジティブな意見が多く、ブログの質が向上した方がほとんどでした。

ぜひ、見てくださった方にとってブログテーマの1つの選択肢となれば嬉しいです。

\無料お試し版もあるよ/

あわせて読みたい
SWELL(スウェル)の導入手順・他テーマからの移行方法を丁寧に解説【写真あり】 最近かなり人気の出てきたWordpressテーマ「SWELL」。 当ブログも無料テーマからSWELLに移行したのですが、初心者こそ、有料テーマSWELLをおすすめしたいです。 実際に...
よかったらシェアしてね!
Contents
閉じる