楽天経済圏とPayPay経済圏はどっちがお得?どんな人におすすめか比較してみた

楽天vs PayPay

最近、ポイント界のキングと呼ばれていた楽天サービスに変化が出ています。

それは・・・楽天サービスにおけるポイント付与ルールの変更(改悪)。

例えば楽天証券では、対象投資信託の保有残高に応じた毎月ポイント付与から、はじめての投資信託残高10万円達成時に1回限りのボーナスポイント付与となったり

今までの”お得すぎていた時代”から変わり始めています。

一方で、PayPayや他の経済圏はどんどんポイント還元率を高めたり、サービスを拡充してきています。

ただ、楽天サービスを今まで使ってきた方にとっては

このタイミングで変えたら損なのか?それとも早く乗り換えしたほうが良いのか?

私も含めてかなり悩んでいたので、

この記事では楽天経済圏と同様にお得だと言われる、PayPay経済圏と比較してみました。

よろしければ最後までご覧いただけると嬉しいです。

Contents

楽天経済圏とPayPay経済圏はどっちがお得?

結論として、楽天経済圏とPayPay経済圏はどちらも同じくらいお得です。

ただ、あくまでも全体のサービスレベルとして双方大差ないという意味で、

どちらをおすすめするかは、何を重視するかによってかなり変わることがわかりました。

Nana

私には私に合った経済圏があるんですね!

ですので、今回は楽天経済圏に向いている人、PayPay経済圏に向いている人を判断するポイントをご紹介したいと思います。

自分に合った経済圏を選ぶポイント

「お得」という意味を私なりに分解すると、

ポイントが「貯めやすいか」「使いやすいか」の2つの要素に分かれます。

  • 無理せずポイントを貯められるか?
  • 貯めたポイントが使いやすいか?

たしかにポイントが貯めやすくても、無理してポイント使おうとしたら本末転倒だよね。

Nana

そうなんです!なので、上記の両方叶えられる経済圏かどうかが選ぶポイントですね。

お得な経済圏を判断するためには上記を参考にしていただきたいのですが、

楽天経済圏、PayPay経済圏においては、単純なポイントの貯まりやすさ自体はほとんど変わらないので

どちらがお得か?の答えは頻繁に使うサービスが、より多い方を選ぶとベストです。

もう既に楽天やPayPayを使っている方は、よく使っているサービスの方に合わせる形で経済圏を整えていきましょう。

結構同じくらい使ってるし、判断できないよー・・・

どっちもまだ使いこなせてないなー。

Nana

上記のような方もいると思いますので、次項で主要なサービスの比較をしたいと思います!

携帯キャリアで選ぶ

携帯キャリアはそれぞれ楽天モバイルかワイモバイルという選択になります。

上記2つをざっくり比べるとこんな感じです。

楽天モバイル ワイモバイル
プラン UN-LIMIT Ⅵ シンプルS/M/L
基本料金(税込) 0円〜3,278円 2,178円〜4,158円
データ容量 0〜制限なし 〜25GB
通話料 楽天Linkアプリ使用時のみ0円

30秒22円(かけ放題プランあり)

毎月割引 なし

・Softbank光回線で最大1,181円割引

・家族で2台目以降最大1,181円割引

 その他特典  ・楽天ポイントが貯まる

・ヤフープレミアム会員無料

・キャリアメール無料 

回線速度(上り平均値) 32.86Mbps 11.67Mbps
回線速度(下り平均値) 26.83Mbps 44.22Mbps

回線速度参考:モバレコ(https://mobareco.jp/a157072/)

楽天モバイルがおすすめな人

・データ容量を気にせず使いたい

・とにかく安く使いたい

・主要都市に住んでいる(主要都市以外の一部はパートナー回線エリアになるため)

楽天モバイルがおすすめな人

・キャリアメールを使いたい

・安定した通信速度で使いたい

・ソフトバンク光などを契約している

好きなサービスがある方を選ぶ

楽天経済圏、PayPay(Yahoo!)経済圏、どちらもサービスが充実しています。

自分の好きなサービスがある方、または数が多い方を選ぶと自然とポイントが貯まるのでお勧めです。

楽天経済圏 PayPay(Yahoo!)経済圏
ショッピング 楽天市場 Yahoo!ショッピング
決済サービス 楽天Pay PayPay
カード 楽天カード PayPayカード
フリマアプリ ラクマ PayPayフリマ
証券会社 楽天証券 PayPay証券
銀行 楽天銀行 PayPay銀行

ざっと並べただけでも上記があります。

特にPayPay経済圏はサービスが多く、Yahoo!以外にもLINEやTポイントサービス圏も含まれるため、

オンライン、オフライン共にサービスを多く使う人にはPayPay経済圏がお勧めです。

対して楽天サービスは、SPU制度という初心者にわかりやすいポイントアップサービスがあり、金融系サービスが充実しています。

こちらは完全に好みのため、自分に合ったサービスを選ぶと良いです。

まとめ

結論としては、楽天経済圏、PayPay経済圏どちらも非常に優れたサービス体系で

それぞれどっちのほうが好みかをベースに決めていただくのがおすすめです。

でもどっちもよく使っているから決められないな・・・

Nana

そういった方は、楽天経済圏、PayPay経済圏の併用がおすすめです!

ポイントを貯めるために完璧を目指してしまいがちですが、あくまでもポイントは”サブ”で80点を目指すのが、

節約のためにも、”良いサービスを心地よく使う”ことにも繋がるので

私はどちらのサービスも併用しています。

Nana

通信速度は譲れないのでワイモバイル、金融サービスは手数料が低く初心者向きの楽天証券を使っています!

みなさんのライフスタイルの参考になれば幸いです!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

Contents
閉じる